英国式 プレミアムリフォーム & インテリアコーディネート

英国事情を交えて居心地の良い部屋づくりのヒントを発信しています

イギリス(ロンドン)でお薦めのアンティークフェア

f:id:DECOR:20180430184105j:plain

 

ロンドンで年に3回開催される、アンティークフェアをご紹介します。

 

バタシーパークという公園内で行われる、The Decorative Antiques and Textiles Fairです。http://www.decorativefair.com

 

ご旅行の計画があるなら、この時期に合わせていくと、オンリーワンのお土産に出会えるかもしれません。だいたい、1月、4月、10月です。

 

ロンドンやロンドン近郊にはアンティークショップやマーケットがたくさんありますが、このフェアーはアクセスも良く、ほどよい会場の広さで、数時間程度を使うだけで済みます。

 

事前にやっておくこと

無料で入場するために、ウェブサイトの free ticketのページから登録しておきましょう。http://www.decorativefair.com/free-ticket/

 

 

アンティークフェアへのアクセス

地下鉄の駅、Sloane Square(スローンスクエア)の改札を出ると、右側に、Sloane Square Hotel (スローンスクエアホテル)があります。

 

ここから、会場へは、無料のシャトルバスが出ているのでとても便利。

f:id:DECOR:20180430184617j:plain

 

10分程度で広い公園内の会場に着きます。

f:id:DECOR:20180430184012j:plain

 

反対側を振り返ると、この季節の太陽を待っていた人たちが日光浴を楽しんでいます。

f:id:DECOR:20180430184008j:plain

 

会場に着いたら

私は招待状が来るのですが、free ticketに登録したら登録完了のメールが来るでしょうから、それを見せれば入場できると思います。

 

荷物検査が済んだら、あとは自由です。

 

ブースがこのように並んでいます。

f:id:DECOR:20180430190319j:plain

 

アートもたくさん。

f:id:DECOR:20180430184048j:plain

 

日本のアートもありましたよ。 明治時代のもので、6枚セットで2800ポンド(45万円くらい)。

f:id:DECOR:20180430190556j:plain

 

食器やシルバー製品、その他小さなものもあります。ジュエリーなども。

f:id:DECOR:20180430190718j:plain

 

会場内には、カフェやお食事ができる場所もあります。

 

帰りもシャトルバスが出ていて、スローンスクエアまで戻ることができます。

 

機会がありましたら、是非覗いてみてくださいね^^

 

 

======

メルマガ「デコール通信」配信しています。

月に1度程度ですので、よろしければご登録ください。

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/ayes5548